VIO脱毛【ライトシェア】を体験してきました!

Pocket

いきなりですが先日、ライトシェアでVIO脱毛してきました(・∀・)

いやー、未知との遭遇でしたよ♪

 

一時はTBCのスーパー脱毛でIラインの一部を残しつつVIO脱毛を行ったワタクシですが、今回はVは残してI・Oは完ツルを目指しまっす!

→ 前回のVIO脱毛はこんな感じ

 

前回のVIO脱毛でちょっと毛を残しちゃったのと、スーパー脱毛で処理した以外の皮膚下で眠ってた毛がムクムクと出てきたのがきっかけだったんですが、やっぱあれですね。

 

毛はない方がいいっ!( ー`дー´)キリッ

 

以前にTBCのスーパー脱毛である程度は脱毛されているものの、皮膚下で眠ってた毛が生えてきたのと、もともとデザイン的に残してた毛がある状態。

 

ちなみにタンガ風にVラインから大陰唇の中間くらいまで毛を残してました。

 

Vラインはミュゼの格安脱毛である程度すっきりしてたので、気になるのはVラインの頂点付近の毛と、V上のラインをどこにするか。

 

ミュゼのVライン脱毛では

ミュゼVラインテンプレート

このテンプレートのとおり、Vの頂点が約5センチと太めなんですが今回はIラインを無毛にしたいのでVの頂点を大陰唇の始まりにつながるように▼←こんな形にしたいんですよね。

 

これは実際に脱毛してくれる看護師さんと応相談。

 

ワタクシが今回行ったクリニックはV・I・Oの他にUラインってのもありまして、大陰唇の両脇、指2本くらいをIラインとして、残りの太ももにつながる部分をUラインとしているそうです。

 

そういや湘南美容外科なんかもIラインの範囲が指の本数で決まってたなーと妙に納得^^;

 

なので今回はV・I・O・Uを脱毛、ということになりました。

 

せっかくやるなら永久脱毛のがいいし、いろんな脱毛マシンが登場している今、医療レーザー受けなきゃ損でしょー!ってことで選んだのがライトシェアです。

 

 

ライトシェアってどんな脱毛マシン?

 

ルミナス社製のライトシェアシリーズには古い順に

ライトシェア < ライトシェア・デュエット < ライトシェアデザイア  となっています。

 

light-sheer

 

最近の脱毛クリニックによく導入されているのが画像真ん中のライトシェア・デュエット。

ハンドピースが2つついていて、狭いトコロ用(9ミリ×9ミリ)と広いトコロ用(25ミリ×25ミリ)があります。

 

この2つのハンドピース、結構違いがあって、

狭いトコロ用 → I・Oなど細かい箇所に用いられ吸引機能はなし(前身のライトシェアと同機能)

広いトコロ用 → 背中や腕など面積の広い箇所に使用され吸引しながらレーザーを照射する

 

このようになっておりやす。

 

ってことは・・・

VIO脱毛ならライトシェアだろうがライトシェア・デュエットだろうが違いはなくね?

ってことなんすよねー

 

ライトシェアデュエットでもVIO脱毛に使用されるのは狭いトコロ用のハンドピースになるので、広いトコロ用ハンドピースに搭載されている吸引システムが使えないことになるんで。

 

ってことで今回ワタクシが選んだクリニックも導入マシンは一番初期のモデルに相当するライトシェア機になります。

 

 

ライトシェアと他の脱毛マシンとの違いって?

 

ライトシェアシリーズはダイオードレーザーの一種になるんですが、アレキサンドライトレーザーに比べて肌の色に吸収されにくいので肌ダメージが少ないのが特徴。

 

黄色人種である日本人に一番適していると言われている脱毛マシンです♪

 

他の脱毛マシンに比べて低出力でも高い脱毛効果を出せるのがポイントなので、ライトシェア=痛くない って言う人もいます。

 

そりゃ出力が低いんだから痛みも少ないはずだわねー

 

特に黒ずみの悩みが絶対にあるアラフォー以降のVIO脱毛では低出力で効果が高くないと脱毛できないので、アラフォー以降はライトシェア機が絶対におすすめです♪

 

現にアラフォーのワタクシもI・O・Uラインは「初めての脱毛箇所なので一番低い出力でいきますねー」と言われますた。

 

後で脱毛マシンの表示を見たら『10J』になってたのでこんなに低出力でも効果があるってことなんですねー

 

まぁ多少は黒ずみもある部分だけにあんまり出力を上げられないってのも実情でしょうけど^^;

 

こんな低出力でも脱毛から1週間後には毛がポロポロと抜け始めました♪

10日経った今はムダ毛の7割くらいがなくなってきてる感じです。

 

 

ライトシェアの痛みはどんな感じ?

 

私の中での(っていうか多分一般的に)脱毛マシンの痛み度順は

 

アレキサンドライトレーザー > ライトシェア > ソプラノ > メディオスター

 

っていう位置づけでして、まぁ痛みだけ考えるならメディオスターなんですけど困ったことに田舎には浸透していないっていう・・・(;´д`)トホホ…

 

そんなこんなで一時期、一世を風靡した(?)ライトシェアで脱毛できるクリニックを探したワケです。

 

っていうかなんとなくアレキサンドライトが痛そうで怖かっただけとも言いますがw

 

で、肝心の痛みはと言いますと・・・

 

前もって言っておきますが、以下の感想はライトシェア・デュエットでも同じです。

 

なぜならライトシェア・デュエットで脱毛したとしてもI・Oの脱毛は狭いトコロ用ハンドピースを使用するため、ライトシェアデュエットの前身であるライトシェアの機能が適用されるから。

 

ライトシェア・デュエットの特徴とも言える吸引して皮膚を伸ばしながら行う脱毛は狭いトコロ用ハンドピースには搭載していないんです。

 

吸引しながら脱毛できるのはライトシェア・デュエットの広いトコロ用ハンドピースのみなので、ここも注意が必要ですねー

 

んで、実際にライトシェアで脱毛してきましたが、痛みは「光脱毛よりやや強くてニードル脱毛より痛くない」って感じでしょうか?

 

ガマンできないほどの痛みではなかったものの、患者さんの中には痛くて皮膚表面麻酔をする人もいるそうなので個人差がある、としか言えないのがツライっす・・・

 

 

照射面積が9ミリ四方なんですが、イメージ的には『毛抜きでムダ毛を抜き取られる感じ』とでもいいましょうか・・・

 

チクッとします。

チクッとします。

チクッとします。

 

要はチクチク系です。

でもニードル脱毛は処理が進めば進むほどストレスが溜まってくる感じでしたが、ライトシェアではそんなことがなかったのでニードルより痛くないってことです。

 

っていうか、出産を経験してるなら確実に逃せる痛みですよー

チクチクしますが光脱毛よりちょっとばかり痛いくらいなので。

 

どんなに痛いかとビクビクしてましたが、終わってみれば全然へっちゃらホイな感じでした  笑

 

 

ライトシェア機でのVIO脱毛、効果のほどは?

 

脱毛から10日経った現在、VIOの毛は7割方なくなっている状態です。

 

だいたい1週間くらいから抜け始めた感じで、これだったら剃ってお手入れしなくてもチクチクしないしホント楽ちんになりました♪

 

今回は初回だったこともあってI・Oラインは低出力になったので、もしかしたらあまり効果出ないかもなーなんて思ってたのでこれはうれしい誤算でしたねー

 

アラフォーでもIラインはしっかり脱毛できるってことを証明しました! v(´∀`*v)ピース

 

今後、2回、3回と回数を重ねるごとに出力はあげられると思うのでだいたい5~6回で完了の予感です♪

 

アラフォーのVIO脱毛はライトシェア機が絶対におすすめですよー

 

>>アラフォー以降の世代に贈るVIO脱毛ランキングはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA